ヒゲ団ブログ

小学三年生の夏休みの【早く大人になりたい】と感じていた感覚を忘れてはいけない訳

投稿日:

 

小学生のヒゲ

『マジ宿題だるい。』

怠け者だった僕は

夏休みの宿題は

最後の2日で

詰め込むタイプだった

 

毎日する気はあったんだけど

気付いたら夜になってる

っていうね…(笑)

 

明日は少し宿題しよう

って子供なりに考えてたんだけど

 

その日になると、

その決意は一瞬で吹き飛んでた

 

んで、

ばーちゃんから

宿題したの!!?

って

言われる感じ。

 

分かるかな?

 

 

の家族は

親が離婚していて

小学生の頃は父親の家で育った

 

全員教職者って家系。

(なんなら母親も)

 

爺ちゃんは元校長先生だからか

分からないけど

夏休みが終わって

小学校が始まると

いつも教壇で何か話してた

 

子供だった僕は

それが恥ずかしくて

やめてほしかった。

 

(今となっては自慢の爺ちゃん。)

 

プールが大好きだった僕は

毎日のように

学校のプールに

みんなで遊びに行っていた

 

学校の横が

家だったせいか

夏休みは、毎日のように

いろんな友だちが来ていた

 

「今日はなにする?」

宿題しろよ…

って今なら思うけど

宿題をする

という提案をしてくる友だちは

一人もいなかった。(笑)

 

当時はYouTubeもないし

携帯すらなかったから

遊ぶとしても

スーファミするか

外で遊ぶしかなかった

 

マウンテンバイクを走らせて

駄菓子屋でうまい棒を買って

公園でフリスビーをしたり

鬼ごっこや釣り

山に水晶を取りに行っていた

 

時間がいくらあっても足りない

暗くなれば帰る

帰れば当たり前のように

あったかいご飯があって

当たり前のように洗濯された

綺麗なパジャマに着替えて

天日干しをしたであろう

フカフカの布団で

何も気にすることもなく

次の日を迎えていた

 

ヒゲ的大人の定義

そんな小学生が、

「はやく大人になりたかった理由」

は何だったんだろう

 

早く中学生になりたい

 

早く高校生になりたい

 

早く大学生や社会人に…

 

早く大人に早く大人に…

 

大人になれば、

もっと自由なことが出来て

もっと楽しくなるはずだ

 

そう考えていたのではないだろうか?

 

そもそも大人と子供の違いは何だ?

 

どこからが大人なのか?

成人式は二十歳の頃

そんなことは知っている

 

成人式で暴れ狂うのは

大人になった舞なのか?

 

仕事をしたら大人?

していなかったら子供?

 

家庭を持てば大人?

独身は子供?

 

結論

 

実際のところ

大人とか子供とかない。

 

大人とはこうあるべき

と決めて目指すものなんだと思う

 

 

僕が目指す大人ってのは

 

毎日が輝いて

自由なことが出来て

今よりもっと

楽しくなるはず

と信じれる

 

これこそが

僕が大人になった時。

 

明日すればいい

明日考えよう

 

夏休みの宿題の時と

同じ感覚ではダメだ

 

小学生の頃は夏休みが終わると

学校が始まる

最悪、

宿題してなくても怒られて終わりだ

 

人生において

「明日やろう」

なんて考えていたら

死ぬ直前になって

後悔する事になりかねない

 

あの時やってたら

あの時頑張ってたら

 

ってね。

 

急かすつもりは無いが

時間は待ってくれない

 

寝てる時も

食事してる時も

好きなことしてる時も

失っていくものだ

 

待ってなんかくれない

 

あんなに元気だった祖父も

1年前、息を引き取った

 

あんなに怒ってた祖母も

僕の事を覚えていない

 

今できることを

出来なくても本気でする

 

そこに価値があり

人が生きた人生だと確信している

 

あの頃の様に

仲間とワイワイしながら

スーファミをする感覚で

ビジネスをしていき

山に水晶を探しに行く感覚で

新しい事を見つけて

 

それを次の世代に繋げていく事が

大人のあり方ではないだろうか

 

ヒゲ推し
【大事】参加資格は1つのみ→小宇宙(コスモ)を燃やせるかどうか

ども。 聖闘士ヒゲです               どうしても、期待値が大事と分かってても、 海将軍激闘の3回目までレバーに力が入 ...

続きを見る

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

-ヒゲ団ブログ
-, ,

Copyright© 誰でも出来るヒゲ団の稼ぐ方法 , 2020 All Rights Reserved.