BOのヒゲ先

【現役バイナリートレーダー】ヒゲ団のストキャスティクスの考え方と計算

更新日:

 

始めに

当サイトの【BO関連】では初級から中級の方に向けた内容になっております
あらかじめ伝えておきますが勝率58~62%推移の手法しか僕は知りません(マーチンなし)
はっきり言って勝率60%を維持すれば、
1日たったの3時間弱で月収60~100万の利益を出すことは可能です
それよりも上を目指したい方は、
パチンコ関連の記事やアフィリエイト記事を参照ください

よく聞くストキャスティクス(ストキャス)って?

 

 

 

 

↑真ん中くらいの横線より下の部分がストキャスティクスです

 

ストキャスティクスって一体なんぞや。

 

は数年前そんな疑問を抱いていました

ストキャスティクス。

なんだか、かっこいい響き

 

実際、今でも使っているインディケーター(トレードのサポート)になります

 

ストキャスティクスとは、

【逆張り】の投資手法において、よく使われるオシレーター系の指標です

 

逆張りとはトレンドに逆らったエントリーをすることです

下の山になっている部分が逆張りのポイントです(ポイントなどは別記事で書きますね♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストキャスの基本となるラインは3つ

 

「%K」「%D」「SD」と呼ばれます

順に説明していきますね!

ぶっちゃけ計算とか意味わからないことが多いかもですが、

こうやってラインが形成されているんだなーと思ってもらえれば大丈夫です!

 

 

%K=(今日の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)

n日間の最安値と最高値と比べて、
現在どこに位置しているのかってのを0~100の間で数値化しているということです

 

n日間の期間は基本的に5にすることが多いです

 

%D=(n日間ストキャスティックスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティックスの分母のm日移動平均)

%Kをm日間で移動平均したもです
移動平均させると比較的滑らかになります

80以上だと買われすぎ

20以下だと売られすぎ

こちらの移動平均期間は3を使うことが多いです(理由までは知りません汗)

 

%K と %D ではラインの感度が良すぎます
感度が良い女性は好みですが、トレードでは相性が良くないです(笑)

 

 

そこでSDの登場です。

SDとは%Dを3日間移動平均させたものです。

 

 

まとめ

%K→ラインの感度が良すぎる
%D→%Kを移動平均させ滑らかにしたもの(要は使い勝手がいい)
SD→%Dを移動平均させ滑らかにしたもの
[/st-cmemo]

 

 

「%K」と「%D」の二本を使って描かれるものを

「ファスト・ストキャスティックス」と呼びます

こちらは感度が良すぎてラインが激しいので使いづらいです。。

 

一般に使われるのは

「スロー・ストキャスティックス」と呼ばれるものです

先ほど説明した%DとSDを使います

僕も、これを使ってエントリーをしていってます!

 

では実際ストキャスティクスを使って、
エントリーするのか?

 

ここまで読んでくれた方に無料でストキャスティクスを使った
簡単な手法を2つ紹介します!

 

知ってて損はない逆張りの手法


%D単体を見て
80以上で売り
20以下で買いのエントリー
僕は大体1~5分のエントリー時間を選択します


SDを%Dが下から上へ抜けた時に買い、
逆に上から下に抜けた時が売り

出来れば売られすぎ買われすぎ(20以下80以上)の時に
交差した場合の方が信用度が増します

 

簡単な手法ですが、

知っていてエントリーするのと知らないでエントリーするのではかなり差が出ます

 

では別の記事も読んでみてくださいね♪

プロご用達!? RSIってしってる?>>

 

-BOのヒゲ先
-, ,

Copyright© 誰でも出来るヒゲ団の稼ぐ方法 , 2020 All Rights Reserved.